2013年02月17日

病名を与え、薬を投与し、金儲けをするという流れがある。


 


 

 感想と解説

 アルコール依存症、ギャンブル依存症、糖質依存症など、〜依存症という言葉を作ってますよね?

 〜依存症という言葉を作って治療に引き込みたいだけなのかもしれません。

 2.

 児童相談所が子供を拉致しているという問題はイギリスでも起こっていて、おそらく児童相談所が一時保護してもよいという法律を作ればよくない結果が起こるということは最初からわかっていたと思います。

 イギリスでも子供を保護すればお金が施設に支給されます。日本と同じですね。保護すればするほど施設が儲かる仕組みになっているのです。




 

 




http://www.breath-design.com/?eid=1621012
posted by 筑前智 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬過剰投与 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

児童相談所に子供を拉致され、何年も子供にあわせてもらえない人がいる。


 http://www.youtube.com/watch?v=ioRpR_rXZyY



 感想と解説

 

 イルミナティは子供と親を引き離そうとしています。

 全寮制の学校は、親と子を引き離す目的があったらしいです。

 社会を崩壊させたいと思っていて、社会を崩壊させるには、家庭を崩壊させればいいと考えているのです。

 フェミニズムは、女性が仕事するために子供を保育園に預けさせて、子供の思考を支配することが目的です。





 解説 part2 

300人委員会が地球上から日本人を消滅させる、日本民族を生存させないという決定があったのです。

 日本人を消滅させる手段として、女性がなるべく結婚しないように、できないように誘導する。

 また、結婚できたとしても、なるべく妊娠しないようにするということが行われていると思います。

 結婚できないようにするには、若者ができるだけ就職できないようにすればいいわけです。

 定年退職した人が就職を希望すれば65歳まで雇わないといけない法律を作れば、その分若者の就職が難しくなります。
 年金の給付を減らしたり、退職金を減らしたりして、高齢者が就職するように仕向ければいいだけです。

 
 ハミガキやシャンプーに不妊症になるような化学物質をわざと混ぜて、妊娠しずらいようにしているのです。
posted by 筑前智 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童相談所拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。